Kiehl's History
キールズの歴史

1851

キールズの起源となるアポセカリー創業

天然由來成分を使用した薬用軟膏などを提供していた、19世紀の典型的なアポセカリー(歐米の調剤薬局)が、ニューヨークの一角にオープンしました。

1894

ジョン?キールによる経営

1894年、薬剤師だったジョン?キールが、アポセカリーだった店舗を買収しました。

1921

キールズ製品第一號誕生

ジョン?キールの弟子だったハーブ研究家のアービン?モースは、退職したジョン?キールから店舗を買い取り、「キールズ」の名前を斷承して営業を続けました。彼の努力により、初代のキールズ製品が開発され、従來のファーマシーとは異なる、丁寧なフルサービスを提供していました。

1922

「TRY BEFORE YOU BUY」
購入前に、まずは試してみて!

アービン?モースは、お客さまに納得して製品をお使いいただくために、「TRY BEFORE YOU BUY」というサンプリングサービスを提唱。95年以上変わらず、キールズが大切にしている信念で、今もなお、全世界で年間850萬枚を超えるサンプリングを行っています。

1924

全成分を製品ラベルに明記

キールズは、アメリカで法令化される以前から、業界の先駆けとして、全成分を製品のラベルに明記し始めました。お客様に、製品に含まれる成分とその作用、処方や品質、効果など全ての情報を正確に伝え、安心して購入していただくためでした。

1961

アーロン?モースの登場

アービン?モースの息子、アーロン?モースは、初期のペニシリン開発への參加や、放射線によるやけどを治療する特殊なアロエクリームをアメリカ合衆國政府に提供するなど、化學成分開発の先駆者でもあり、その能力は、化粧品の製造に生かされることとなりました。

1962

キールズの代表製品が続々誕生

1962年以降は、あのアンディ?ウォーホルが愛したブルー アストリンジェント ハーバルローションや、カレンデュラ トナー、リップ バーム No.1、モイスチャライザーUFMなど、今日でも愛され続けるキールズの名品の數々が誕生しました。

キールズ TOP10

1979

スミソニアン國立博物館がキールズ製品を展示

1979年に、スミソニアン博物館が開催した「公衆衛生と薬學」の展示會では、アーロン?モースの知識や研究の成果、革新的な技術の貢獻が評価され、103ものキールズ製品や歴史的なアイテムが展示されました。現在でも、スミソニアン博物館のコレクションとして永久展示されています。

1988

キールズ製品がエベレスト山登頂をサポート!

世界で初めて、無酸素補給によるエベレスト登頂を成功させた「エベレスト88」が、登頂の際に8つのキールズ製品を持參。過酷な環境下でも、登山家たちの健やかな肌を保つサポートをしました。

1989

3代に渡って引き継がれるキールズ

キールズの伝統は、アーロン?モースの娘ジェーミと、スキーワールドカップのチャンピオンでもある夫のクラウス?ハイデッカーに受け継がれました。お客様の熱烈な要望に応えるべく、通信販売のサービスを開始。また、海外にも新店舗をオープンしました。

2005

キールズDermatologist Solutionsライン誕生

アポセカリーという原點を生かして、科學?ハーブの知識を基に、皮膚科學のエキスパートの協力を得た、スキンケア「DSライン」が誕生しました。

皮膚科學スキンケア

詳しく見る

2011

奉仕の精神

キールズの創業者たちによる経営理念 “Mission of Kiehl’s”に基づき、コミュニティーへの還元と社會に対する責任は、現在のキールズにも深く刻まれています。Kiehl’s GIVESという名のもと、①環境保護②子供サポート③エイズ研究や教育サポートの三つの分野で様々な社會貢獻活動を行っています。

詳しく見る

2016

165周年

165周年をアポセカリープリパレ―ションというパーソナライズ製品発売で祝福。スミソニアン博物館には、新しく追加された製品がコレクションにはいりました。

TODAY

「Finest Apothecary Skincare」

キールズは、創業當時の精神を忘れずに、ブランドのDNAである「アポセカリー」を構成する「Nature」、「Science」、「Service」という3つの信念を基に、お客様のヘルシースキンをサポートし続けます。ぜひお客様一人ひとりにあわせたカウンセリングを受け、あなたに最適の製品を見つけてください。